最も適した治療方法をまずは探す

テレビや雑誌などでレーシックについて数々特集が組まれていますがやはり心配なのはその成功率ですよね?
実際のところ優良と言われているクリニックではほとんど失敗例が無く視力を取り戻している人は多くいるのです。 まずはどのような種類のレーシックがあるのか、そしてその内容から自分に適しているのはどの方法なのかを調べましょう。
手術を受けるクリニックの選択にも関わってくる問題ですので、しっかりと事前チェックをしてください。

 

RPKという治療法は、角膜の厚みが足りない人に適用することの出来る方法となります。
症状に合わせて理想的な治療方法を探していくことで、最も適した選択肢を見つけることが出来ることでしょう。
通常のレーシックのフラップでは衝撃に堪えることが出来ずに外れてしまう可能性があります。
そのような場合にはフラップを作成しないで角膜の上皮を取り除いてレーザーを照射するRPKという治療法が適しているのです。 「本当にレーシックをすることで視力回復を実現できるの?」と疑問をお持ちの方もいらっしゃるかと思います。
実際にレーシックに関する情報サイトを確認してみますと、ほとんどの人がその喜びを感じているという事実があります。



最も適した治療方法をまずは探すブログ:18/02/20

生まれた当時はモノクロの、わたしのアルバム。

産着に包まれていても、ママのうでに抱かれていても、
動物園のキリンさんの前でも…
やたらと泣き顔の多いわたしの写真。

今もかわらずの泣き虫っぷりに
そして人見知りっぷりに、恥ずかしくなることしきりです。

そんなわたしに初めて出来た仲間は、
通っていた小学校の教頭先生のお嬢さんだったように思います。

はきはきしていて優等生、ピアノが上手だった彼女は、
色が黒いことがちょっぴりコンプレックス、だけどとてもお茶目。

自己主張することが苦手だったわたしですが、
初めてケンカをしたのもこの仲間でした。

きっかけは本当にちょっとした事で、
「横断歩道のボタンをどっちが押すか」ということ。

結局その日は最後まで口を聞かずに、
家に帰ってから落ち込んでいたのを覚えています。

「ごめんね」そう言えたらよかったのに…
たっぷりたっぷり後悔しながら布団の中でなかなか眠れず…

次の日、勇気を出して、
わたしが「ごめんね」を伝えたときの
仲間の恥ずかしそうな顔は今も覚えています。

わたしの右の太ももには大きな火傷跡があるのですが、
健康な皮膚の上にくっきりと地図のようにのっかかっていて
「気持ち悪いヤツ」などと
同級生や上級生の男の子にからかわれていたのを見つけ、
助けてくれたのもその仲間。

大人になり、数十年後に
「とても嬉しかったのよ」と伝える機会があったとき
「そんなことあったっけ?」と言いながら、
喧嘩をした次の日の仲直りの後と同じ、照れくさそうな顔を
わたしに見せてくれました。

人間って意外と、
自分が感謝されるようなことをしてきたことって
すっかり忘れている事が多いですね。