レーシックの種類によって適正が異なる

レーシックの種類によって適正が異なる



レーシックの種類によって適正が異なるブログ:17/05/18


基本的言語体系というのは、
一人の人間によって宿されるものである。

それは母親以外にはいない。

幼い時に母親からしっかりと育てられると、
基本的言語体系がしっかりと頭の中に入ってくるので、
非常に高度な思考や豊かな会話をすることが可能になる。

それに対して幼い時に母親を失ってしまうと、
基本的言語体系がしっかりと頭の中に入っていないので、
人の言っていることがよく解らないのである。

我がお子さんの頭を良くしたいからと
早期教育を施そうとしたり、偏差値の高い私立校に入れたりしようとするが、
そういうことはあくまでも技術的なことであって、
知能の発達の基本となるのは、
あくまでも母親との関係の中に存在している。

なので
我がお子さんに基本的言語体系がしっかりと頭の中に入るまでは、
母親は我がお子さんを絶対に手放してはならないのだ。

言葉を覚えるのは、
2歳か3歳頃までには出来るが、
自分の意思表示をしっかりとし、
相手の意見をきちんと汲み取ることができるようになるまでは、
やはり12歳辺りまでかかるものである。

乳幼児がちゃんとした言葉を覚える量は、
教えた人の愛情量に比例する。

赤ちゃんに最も言葉を覚えさせることができるのは、
母親こそが筆頭である。

母親こそが我がお子さんに
最も多くの愛情を持っているがゆえに、
我がお子さんは母親の言葉を中心に覚えていく…

親父はその家の家長ではあっても、
赤ちゃんが言葉を覚える作業では、母親に次ぐ存在であって、
どうやっても母親に並ぶことはできないし、
母親を凌駕することもできないのである。
レーシックの種類によって適正が異なる

レーシックの種類によって適正が異なる

★メニュー

妊娠中や授乳時期のレーシック
レーシックの種類によって適正が異なる
レーシックを受けたメジャーで大活躍中の松坂選手
クリニックの環境でレーシックの失敗例
角膜の厚みによってはレーシックを受けられない
エキシマレーザーを使用するレーシック
目の病気や疾患を持っている人
治療費用でクリニックを比較しよう
ドライアイでもレーシックを受けられる
最も適した治療方法をまずは探す


ページ先頭 ページの先頭へ
トップに戻る トップに戻る
友達に教える 友達に教える
(C)安全な優良レーシックを探している人へ