レーシックの種類によって適正が異なる

レーシックの種類によって適正が異なる



レーシックの種類によって適正が異なるブログ:15/04/26


減量を始めるにあたって、ほとんどの人は
「太っている自分をなんとかしたい」
というのがきっかけになっていると思います。

「太っている自分」

「これをなんとかしたい」

「減量しよう!」

「減量成功!」

「自分に自信が出て、相方も増えた!」

と言う具合に、
「太っている自分」のおかげで、減量に成功し、
それが自分に自信をもたらし、相方が増え、
人生そのものが大きく変わっていくわけですね。

減量に成功した人に話を聞いていると、
みんな同じような経験を持っているようなんです。

「減量成功!」というのは、
人生の中でも大きな成功経験の一つです。

ひと月に7キロ痩せるということを
コツコツ積み重ねるだけで、
一年後にはまったく違う自分になっているのです。
もちろん外見だけでなく内面も変わっています。

そうなると、原点に立ちかえったときに
「太った自分がいたからこそ、今の自分がいる」
そう思うと、昔の太った自分に感謝します。
「あの太った自分がいたからこそ、今の成功がある」
そう考えられます。

でもそう言われても、
最初に減量を始めるときには 、
「憎むべき存在」 としか考えられないと思います。
それは俺もそうでした。

でも…
「憎むべき存在」から脱出するための減量は、
どうしても疲れてしまいます。

そんなときは、ちょっと一休みして、
ちょっと過去を振り返って、
自分をここまで導いてくれた「太った自分」に感謝してみましょう。

そして、
自信に満ちた俺…
相方と楽しく話をしている俺…
好きな相方と腕を組んで歩いている俺…
そんな光景を思い浮かべて、
どうすることが自分にとって「楽しいのか」を考えましょう!


レーシックの種類によって適正が異なる

レーシックの種類によって適正が異なる

★メニュー

妊娠中や授乳時期のレーシック
レーシックの種類によって適正が異なる
レーシックを受けたメジャーで大活躍中の松坂選手
クリニックの環境でレーシックの失敗例
角膜の厚みによってはレーシックを受けられない
エキシマレーザーを使用するレーシック
目の病気や疾患を持っている人
治療費用でクリニックを比較しよう
ドライアイでもレーシックを受けられる
最も適した治療方法をまずは探す


ページ先頭 ページの先頭へ
トップに戻る トップに戻る
友達に教える 友達に教える
(C)安全な優良レーシックを探している人へ