クリニックの環境でレーシックの失敗例

クリニックの環境でレーシックの失敗例



クリニックの環境でレーシックの失敗例ブログ:18/01/30


皆様は、
減量というと、
「ご飯制限」ということが
真っ先に思い浮かぶんじゃないでしょうか?

ご飯の回数を減らすとか、ご飯を抜く…といった、
過酷な減量をイメージする方も
少なくないのではないでしょうか。

ところが
普通に推奨されている減量では、
24時間3食の規則正しいご飯を
求めている場合が多いんですよね。

もちろん一食一食あたりのご飯の量についても、
極端に少なくするという必要もありません。

減量中にこそ
規則正しくご飯する必要があるのには、
それなりの理由があります。

わたくしたちの体質は、
しばらく栄養分が入ってこないと
「今、飢餓の状況下にある」と誤解をしてしまいます。

ご飯に含まれている栄養分が生きるために必要不可欠。
なので、
食べ物が入ってこないということに、
非常に敏感に作られているのです。

飢餓状態と判断した直後のご飯では、
とにかくできるだけ多くの栄養分を体質の中に入れようとします。
次にいつ食べ物が入ってくるかわからないからです。

そのため、24時間2食と3食とでは、
同じ量の食べ物を食べていても、
2食の方がより効率的にエネルギー摂取を行います。
結果、太りやすい体質になってしまうわけです

ご飯抜きダイエットという方法が注目されがちですが…

わたくしたちの体質の特性から考えると、
ご飯の回数を減らすダイエットというのは、
効果的ではないんですよね。

適量で規則正しいご飯のほうが、
減量には効果的なんです!

しっかり食べた方が、痩せやすい体質になるんです!
クリニックの環境でレーシックの失敗例

クリニックの環境でレーシックの失敗例

★メニュー

妊娠中や授乳時期のレーシック
レーシックの種類によって適正が異なる
レーシックを受けたメジャーで大活躍中の松坂選手
クリニックの環境でレーシックの失敗例
角膜の厚みによってはレーシックを受けられない
エキシマレーザーを使用するレーシック
目の病気や疾患を持っている人
治療費用でクリニックを比較しよう
ドライアイでもレーシックを受けられる
最も適した治療方法をまずは探す


ページ先頭 ページの先頭へ
トップに戻る トップに戻る
友達に教える 友達に教える
(C)安全な優良レーシックを探している人へ