クリニックの環境でレーシックの失敗例

クリニックの環境でレーシックの失敗例



クリニックの環境でレーシックの失敗例ブログ:17/07/16


減量中、腹が減ったらどうしていますか?
我慢していますか?

読者様、あまり無理しないでくださいね。
無理に我慢してしまうとストレスが貯まり、
ストレス食いをしてしまうことになりますし、
減量が辛いものになって長続きしませんよ!

減量中でも、腹がすいたら間食をしましょう!
間食はいけないと思っている人が多いと思いますが
間食がいけないのではなくて、
間食で食べてはいけないものがあるだけなんです。

減量中の間食としてお勧めなのが、
リンゴやイチゴなどのフルーツです。

カロリーを気にする人もいますが
フルーツは消化吸収に多くのカロリーを必要とするので
吸収されるカロリー自体は低いのです。
もちろん、スナック菓子と比べれば低いですよね!

さらに、フルーツには水分も多く含まれているし、
ビタミンも豊富!
ビタミンは脂肪の燃焼に必ず必要となる物質なので、
減量には欠かせませんし、
美容にもいいですよ。

もう1つお勧めなのが、
チョコや
大豆などで出来たスナック菓子です。

チョコは少し食べるだけでも血糖値を上げて
脳を満足させるので、
ご飯の前に食べると食事量が少なくて済みます。

大豆で出来たスナック菓子は、
栄養価が高いので、減量補助食品になります。

ちなみに、
間食として食べてはいけないものは、
炭水化物と油を多く含むものです。

なぜダメなのかというと、
炭水化物と油を一緒に食べると、
すぐに脂肪に変わってしまうからです。

減量中でも、腹がすいたら…
フルーツやチョコ、
大豆で出来たスナック菓子などを食べるようにしましょう。

もちろん、どんなものでも食べ過ぎてしまっては、太ってしまうので
適量ですよ!

クリニックの環境でレーシックの失敗例

クリニックの環境でレーシックの失敗例

★メニュー

妊娠中や授乳時期のレーシック
レーシックの種類によって適正が異なる
レーシックを受けたメジャーで大活躍中の松坂選手
クリニックの環境でレーシックの失敗例
角膜の厚みによってはレーシックを受けられない
エキシマレーザーを使用するレーシック
目の病気や疾患を持っている人
治療費用でクリニックを比較しよう
ドライアイでもレーシックを受けられる
最も適した治療方法をまずは探す


ページ先頭 ページの先頭へ
トップに戻る トップに戻る
友達に教える 友達に教える
(C)安全な優良レーシックを探している人へ