クリニックの環境でレーシックの失敗例

クリニックの環境でレーシックの失敗例



クリニックの環境でレーシックの失敗例ブログ:16/07/03


妊婦の方、特に初めて赤ちゃんを産む母は、
段々と崩れていくからだ・増えていく体重に、初めは戸惑うかもしれません。

ですが、妊娠中は赤ちゃんを守る為に、普段より多めの脂肪と栄養が必要!
ダイエットは基本的にするものではありません。

しかし、妊娠中の太り過ぎもいけません。
ダイエットではなく、
体重を急激に増やさないように維持する事が最も大切です。

妊娠の初期は、胎盤もまだまだ未発達。
へその尾も紐のように細いので、
体操は勿論、疲れる事もしてはいけません。

ダイエットなんて考えずに、
リラックス第一でゆったりと過ごしましょう。
暴飲暴食に気をつけていれば充分です。

安定期に入れば、軽い体操くらいならしても構いません。
お医者さんと相談しながら行いましょう。
でも、ウエストが張ったらすぐに休憩してくださいね。

後期になれば、ウエストがかなりでてきます。
思ったより動きが鈍くなっているので、
転ばないように足元に注意しましょう。

この時期の体操は、
お医者さんから許されている範囲で、
誰かと一緒にするようにしましょう。
妊娠中は、貧血になりやすいですし、からだが繊細になっています。

何かあったら、自分だけではなく赤ちゃんにも危険が及びます。
絶対に無理はしない事、しつこいくらいに休憩をする事を忘れないでください。

ダイエットは、産後に好きなだけすればいいのです。
イヤでも産後は動き回らないといけませんから、
自然にダイエットになるでしょう。
今は母になる自分を素直に受け入れましょう。

――――――以上で今日の報告を終わります。
クリニックの環境でレーシックの失敗例

クリニックの環境でレーシックの失敗例

★メニュー

妊娠中や授乳時期のレーシック
レーシックの種類によって適正が異なる
レーシックを受けたメジャーで大活躍中の松坂選手
クリニックの環境でレーシックの失敗例
角膜の厚みによってはレーシックを受けられない
エキシマレーザーを使用するレーシック
目の病気や疾患を持っている人
治療費用でクリニックを比較しよう
ドライアイでもレーシックを受けられる
最も適した治療方法をまずは探す


ページ先頭 ページの先頭へ
トップに戻る トップに戻る
友達に教える 友達に教える
(C)安全な優良レーシックを探している人へ