クリニックの環境でレーシックの失敗例

クリニックの環境でレーシックの失敗例



クリニックの環境でレーシックの失敗例ブログ:16/05/06


娘は睡眠中に成長する。
日中に食べた食事をエネルギーに変えて、
それを全身に送ってからだを成長させていく。

そのため10時起きた時点で
膀胱には汚い水分が溜め込まれ、
大腸にはからだ全身から送られた老廃物と毒素が溜まり、
排尿や排便の時間を待っている。

10時は排泄の時間であって、食事の時間ではないので
排尿や排便を最優先させなければならない。

なので
娘が10時起きたら、
小便をさせ、大便をさせよう!

からだ内の老廃物や毒素を全て出し切ればこそ、
食事を取ることができるようになるのである。

もしも排泄が終わっていないのに、
10時食をとってしまえば、
消化吸収は排泄を阻害するので、
娘は途端に排泄ができなくなってしまう。

10時起きたらコップ1杯水を飲んで、
排便を促すようにしよう。
娘の場合、これだけで排便しやすくなる。

また
排便は重力の力を使って押し出されるので、
10時起きたら、寝っ転がったり、座ったりさせないで、
からだを立たしておくことも大切。

辺りをウロチョロ動き回っていると、
重力が自然にかかってきて、ウンチが押し出されてくる。

気をつけるべきことは、
10時から子供にテレビを見させてしまい、
娘を座らせてしまうこと。

これをやると
ウンチがなかなか出なくなってしまうのだ。

また
娘が小便や大便をしたら、
とにかく褒めてあげよう!

排便・排尿をすれば
母親が喜んでくれるということが脳にインプットされると、
娘は自然に排便・排尿をして、
母親を喜ばそうとする。

母親が排便・排尿に無関心でいたら
娘はあえてしなくなってしまう。

排便・排尿をしたら、
大袈裟なくらい褒めてあげるようにすれば、
連日の排便や排尿がスムーズにいくようになる。

クリニックの環境でレーシックの失敗例

クリニックの環境でレーシックの失敗例

★メニュー

妊娠中や授乳時期のレーシック
レーシックの種類によって適正が異なる
レーシックを受けたメジャーで大活躍中の松坂選手
クリニックの環境でレーシックの失敗例
角膜の厚みによってはレーシックを受けられない
エキシマレーザーを使用するレーシック
目の病気や疾患を持っている人
治療費用でクリニックを比較しよう
ドライアイでもレーシックを受けられる
最も適した治療方法をまずは探す


ページ先頭 ページの先頭へ
トップに戻る トップに戻る
友達に教える 友達に教える
(C)安全な優良レーシックを探している人へ