妊娠中や授乳時期のレーシック

妊娠中や授乳時期のレーシック



妊娠中や授乳時期のレーシックブログ:18/02/09


よく「ビールは減量中は控えたほうがいい」
という話を聞きますよね。

理由としてよく言われているのが、
ビールはカロリーが高いから
減量の妨げになるということです。

確かに、ビールにもカロリーはありますから、
あながち間違いではありません。

しかしそれよりも
ビールが減量中によくない理由があるんです。

ビールを身体の中に入れることによって、
肝臓をはじめとする身体のありとあらゆる器官が、
アルコールを分解し、排出するための体制に集中をする傾向があります。

ある意味そのくらいアルコールは、
身体のエネルギーを集中させないと
分解、排出することができないともいえます。

でも身体には、他にもいろいろな役割があります。

食事の中の栄養分から、
筋肉などの身体の材料を作ったり、
カロリーを消費したりということがあります。

ところがビールを飲むことによって、
身体の他の作業が一旦ストップしてしまうのです。

筋肉を作ることができなくなると、
カロリーを消費するすべを失います。
ですから、結果的には
ビールによって減量の進行を食い止めてしまう形になります。

なので、
減量中、ビールはできるだけ控えたほうがいいでしょう。

もしどうしても禁酒が難しいというなら、
飲むビールの量ではなく、
ビールを飲む回数を減らすことを心がけましょう!

一切ビールを飲まない日を設定することによって、
身体がアルコールの分解に気をとられることがなくなります。

そのため、減量に集中することができるのです。

妊娠中や授乳時期のレーシック

妊娠中や授乳時期のレーシック

★メニュー

妊娠中や授乳時期のレーシック
レーシックの種類によって適正が異なる
レーシックを受けたメジャーで大活躍中の松坂選手
クリニックの環境でレーシックの失敗例
角膜の厚みによってはレーシックを受けられない
エキシマレーザーを使用するレーシック
目の病気や疾患を持っている人
治療費用でクリニックを比較しよう
ドライアイでもレーシックを受けられる
最も適した治療方法をまずは探す


ページ先頭 ページの先頭へ
トップに戻る トップに戻る
友達に教える 友達に教える
(C)安全な優良レーシックを探している人へ