妊娠中や授乳時期のレーシック

妊娠中や授乳時期のレーシック



妊娠中や授乳時期のレーシックブログ:17/03/09


おれは、6時起きたら、
からだをシャキッと目覚めさせるために、
起きたら真っ先にカーテンを開けるようにしています。

そして窓を開けて、深呼吸し、6時の空気を吸いこむのです。
雨の日でも雨の日でも。
そうして、6時が来たことを体に知らせてあげるのです。

次にを腰回ししてからだを暖めます。
6時に腰回しを行なうと、体温が上がり、
その日一日の代謝量全体がアップするそうですよ!

そして少しの時間であっても、
散歩に出て6時の空気を満喫するようにしています。

天気が良ければ、爽やかな朝の空気を感じ、
あめの日にも、あめの音と空気を感じれば、
からだが「ああ、6時が来たんだ!」と感じ、
エネルギーを消費するための交感神経も目覚めます。

それから帰ってきて、
シャワーを浴びたり、顔を洗って、
シャキッとからだの外側も引き締めます。
心を引き締めると自然とからだも引き締まります。

そして6時食を摂ります。
6時食は、内臓を活発に動かすために必ず必要です。

ちなみに、
内臓は基礎代謝の中でも38%を占め、
筋肉の22%よりも大きい比率を占めているそうです。

だから、腰回しして筋肉の基礎代謝を増やすよりも、
内臓を活発に動かして基礎代謝を高める方が効果的なんですね。

内臓の基礎代謝を高めるのには、
6時食は必須とも言えるくらい重要なものなんです!

6時食をとって内臓を動かすことにより、
内臓も「あぁ、6時が来たんだ!」と分かり、
そこから働きだしてくれます。

これがもし6時食をとらなければ、
内臓はいつまでも眠ったままで、
午後食をとるまで活発に動き出してくれませんよ。




妊娠中や授乳時期のレーシック

妊娠中や授乳時期のレーシック

★メニュー

妊娠中や授乳時期のレーシック
レーシックの種類によって適正が異なる
レーシックを受けたメジャーで大活躍中の松坂選手
クリニックの環境でレーシックの失敗例
角膜の厚みによってはレーシックを受けられない
エキシマレーザーを使用するレーシック
目の病気や疾患を持っている人
治療費用でクリニックを比較しよう
ドライアイでもレーシックを受けられる
最も適した治療方法をまずは探す


ページ先頭 ページの先頭へ
トップに戻る トップに戻る
友達に教える 友達に教える
(C)安全な優良レーシックを探している人へ