妊娠中や授乳時期のレーシック

妊娠中や授乳時期のレーシック



妊娠中や授乳時期のレーシックブログ:16/06/05


減量法って、あまりにも多すぎて、
一体どれをやればいいのか、さっぱり解りません!

一時期ブームになった、
炭水化物抜き減量は、
減量に成功した方も
たくさんいらっしゃるみたいですね。

でも、主食の炭水化物を抜く減量は、
やり方を間違えるとエネルギー不足になって、
肉体に負担がかかるので要注意なんですよね!

炭水化物は肉体の中に入るとブドウ糖に分解され、
ブドウ糖は脳が働く唯一のエネルギー源になります。

なので、
全く炭水化物を摂らない状態が続くと…

脳がエネルギー不足となるので、
頭の回転や神経の正常な活動が妨げられたり、
肌荒れ・疲労感・病気に対する抵抗力も弱まるなど、
肉体に様々な悪影響を及ぼしちゃうんです。

炭水化物は、肉体に必要不可欠な3大栄養素の一つで、
たんぱく質・脂質よりも一番早くエネルギー源になるため、
減量以前に、健康的な生活を送るためにも
やはりしっかりと摂るべきなんですよね。

炭水化物に減量効果を期待するのであれば、
糖が肉体の中に吸収される速度の遅い(GI値が低い)食材を
選ぶのが良いみたいです。

同じごはんでも、
玄米は白米よりGI値が低いですし、
白米に五殻や押麦・アマランサスなどの雑穀を加えるだけなら
手軽で効果的な方法ですね。

また精製度の高い白いパンよりも、
精製度の低い全粒粉のパンを
意識して選ぶようにするのがオススメ!

減量は一日3食の
主食・主菜・副菜をバランスよく、
食物繊維の多い豆類・野菜・海草・きのこ類を
一緒に摂ることが大切です。

その中で主食の質を上手に変える事が
健康的な減量の近道だと思います。
正しい減量方法で美しく痩せましょう!



妊娠中や授乳時期のレーシック

妊娠中や授乳時期のレーシック

★メニュー

妊娠中や授乳時期のレーシック
レーシックの種類によって適正が異なる
レーシックを受けたメジャーで大活躍中の松坂選手
クリニックの環境でレーシックの失敗例
角膜の厚みによってはレーシックを受けられない
エキシマレーザーを使用するレーシック
目の病気や疾患を持っている人
治療費用でクリニックを比較しよう
ドライアイでもレーシックを受けられる
最も適した治療方法をまずは探す


ページ先頭 ページの先頭へ
トップに戻る トップに戻る
友達に教える 友達に教える
(C)安全な優良レーシックを探している人へ