妊娠中や授乳時期のレーシック

妊娠中や授乳時期のレーシック



妊娠中や授乳時期のレーシックブログ:14/06/02


体操をやめたら、食べる事に気をつけよう!
こう思っていても、なかなか食べる量を減らせない…
ミーはそうでした。

体操している時と同じ量を食べたら太る…
と解っているのに、
体操をやっている時の食べる事量に慣れてしまっているから、
なかなか量を減らすことができなかったんです。

今まで普通に食べていた量をいきなり減らすのは、
ウエストもすくし、辛い事ですよね。

だったら、まずは食べる事の内容から変えていけばいいんです!
今までのように、何も考えず好きな物を食べる…
これではダメですよね。

野菜や肉、野菜など
バランスが摂れた食べる事にしていくべきなんです。

体操をやめた今、
ただ食べたい物だけをたくさん食べるよりは、
確実に肉体への負担も減ります。

食べる量がなかなか減らせないなら、まずは内容から!
食べる事の内容を見直して、改善するだけでも確実に変化は出ます。

さらに、体操をやめたら太っただけではなく、
風邪をひきやすくなったなど、
様々な症状があるかもしれません。

実際、ミーは部活をやめてから
風邪をひきやすくなったんです。

しかし、これも食べる事で防止することが出来ます。
バランスよく摂れば、健康にも繋がるんですよね。

食べる事を改善しながら、量も少し減らしてみようかな…
と意識してみてください。

始めは減らなくても、
きっと自然に食べる事量も減っていくはずです。

食べる事をバランスよく摂ると、
けっこう満足感が出るんですよね。
だから、たくさん食べなくてもウエストが満足するんです。
その結果、少しずつ食べる量も減る。

つまり、量を減らそうと頑張り過ぎなくても
自然に減らす事ができるんですよね。

減量は無理なく楽しく!が一番。
全てを一気にはじめるのではなく、
少しずつ頑張りましょう!

妊娠中や授乳時期のレーシック

妊娠中や授乳時期のレーシック

★メニュー

妊娠中や授乳時期のレーシック
レーシックの種類によって適正が異なる
レーシックを受けたメジャーで大活躍中の松坂選手
クリニックの環境でレーシックの失敗例
角膜の厚みによってはレーシックを受けられない
エキシマレーザーを使用するレーシック
目の病気や疾患を持っている人
治療費用でクリニックを比較しよう
ドライアイでもレーシックを受けられる
最も適した治療方法をまずは探す


ページ先頭 ページの先頭へ
トップに戻る トップに戻る
友達に教える 友達に教える
(C)安全な優良レーシックを探している人へ