妊娠中や授乳時期のレーシック

妊娠中や授乳時期のレーシック



妊娠中や授乳時期のレーシックブログ:14/05/27


皮下脂肪は、皮膚のすぐ下にある皮下組織につく脂肪です。
「身体を外界との温度差から守る」
「ぶつかったときなどの衝撃を吸収する」
「生命維持に必要なエネルギー源となる」などの働きがあります。

内臓脂肪は
すぐに使えるように先に燃焼する脂肪であるのに対して、
皮下脂肪は
あくまでも備蓄エネルギー用として身体に貯められているため、
燃焼しにくいという欠点があります。

男性よりも女性につきやすく、
一度たまると落ちにくいのが特徴です。

トレーニングをすると、
まず筋肉内のエネルギーが使われます。
続いて内臓脂肪が燃焼され、
最後に備えの皮下脂肪がようやく使われます。

この皮下脂肪が燃焼されるタイミングは、
有酸素トレーニングを20分ほど行ったころが目安だそうです。

トレーニングを始めてから20分以内は血中の脂肪が消費され、
それ以後に皮下脂肪が消費されるので、
継続的なトレーニングが必要となります。

職場への通勤途中で一駅分歩く、階段を使う、
テレビを見ながら身体を動かすなど、
連日の生活に動くことを取り入れ、
まずは身体を動かすことに慣れていきましょう。

そのあと、ジョギングやウォーキングなどの
有酸素トレーニングへ移行する事をおすすめします。

正しい姿勢や生活習慣などに使う筋肉がしっかり付いてくれば
脂肪が燃焼する有酸素トレーニングの時には、
皮下脂肪も燃焼するようになります。

極端なご飯制限をすると、
皮下脂肪が燃焼するどころか、ますます身体に脂肪を溜め込み、
逆効果になってしまいます。
また身体の基礎代謝の低下を招き、
皮下脂肪は燃焼しないという悪循環を作り出します

皮下脂肪を落とすには
一日3食栄養バランスのとれたご飯をしっかり摂り、
そして意識して身体を動かすことが大切なんです。

妊娠中や授乳時期のレーシック

妊娠中や授乳時期のレーシック

★メニュー

妊娠中や授乳時期のレーシック
レーシックの種類によって適正が異なる
レーシックを受けたメジャーで大活躍中の松坂選手
クリニックの環境でレーシックの失敗例
角膜の厚みによってはレーシックを受けられない
エキシマレーザーを使用するレーシック
目の病気や疾患を持っている人
治療費用でクリニックを比較しよう
ドライアイでもレーシックを受けられる
最も適した治療方法をまずは探す


ページ先頭 ページの先頭へ
トップに戻る トップに戻る
友達に教える 友達に教える
(C)安全な優良レーシックを探している人へ