妊娠中や授乳時期のレーシック

妊娠中や授乳時期のレーシック



妊娠中や授乳時期のレーシックブログ:13/12/26


わたしがいつも心がけている
意外な減量法を紹介します。

それは
「コンビニのない道を通る」という心がけです。

減量を成功させたいなら、
道を選ぶべきだと思うんですよね。

なぜ道を選ぶべきかというと、
コンビニが視界に入ると、ついつい入ってしまうからです。

明るい店内に、窓際にはさまざまな雑誌が置かれ、
人が立ち読みをしている姿などが目に入ると、
気になって引き寄せられて入ってしまいます。

一度、店内に入ってしまうと、
腹が減っていなくても余分な物を買ってしまいがち…

おいしそうなおやつがずらりと並んだコンビニから
何も買わずに抜け出すのは、至難の業です。

わたしは誘惑に弱いので、特に辛いんです!

できるだけおやつは買わないと心がけているわたしですが、
それでも一度視界に入ると気になり始めて、振り切るのに苦労します。

振り切ることができても
「あのおやつ、おいしそうだったなあ」「食べたかったなあ」
という心労を増やしてしまい、余計に疲れてしまうのです。

そこでわたしは考えたのです。
そもそもコンビニのない道を通ってしまえばいいんだ!
視界にさえ入らなければ誘惑されることもない!

もちろんコンビニを通らない道を選ぼうとすると、
ほとんどの場合、遠回りの道になることでしょう。

しかし、その遠回りも「いい運動になる」と
前向きに考えればいいのです。

このように考えると、コンビニエのない道こそ、
減量成功への道なんじゃないでしょうか?

無用なカロリー摂取をしないための
ちょっとした心がけかもしれませんが、
意思の弱いわたしのような人には、
お勧めの減量法だと思います。

どんとはれ
妊娠中や授乳時期のレーシック

妊娠中や授乳時期のレーシック

★メニュー

妊娠中や授乳時期のレーシック
レーシックの種類によって適正が異なる
レーシックを受けたメジャーで大活躍中の松坂選手
クリニックの環境でレーシックの失敗例
角膜の厚みによってはレーシックを受けられない
エキシマレーザーを使用するレーシック
目の病気や疾患を持っている人
治療費用でクリニックを比較しよう
ドライアイでもレーシックを受けられる
最も適した治療方法をまずは探す


ページ先頭 ページの先頭へ
トップに戻る トップに戻る
友達に教える 友達に教える
(C)安全な優良レーシックを探している人へ