レーシックを受けたメジャーで大活躍中の松坂選手

レーシックを受けたメジャーで大活躍中の松坂選手



レーシックを受けたメジャーで大活躍中の松坂選手ブログ:18/04/30


ダイエットに成功して
目標の体重に到達すれば、嬉しい限りですが…

目標体重に到達したからといって、
元通りのご飯に戻してしまえば、
おそらく確実に体重は増えてしまうでしょう。

逆に、今までのダイエット生活を続けていけば、
自分の理想としている体型よりも細くなってしまいます。

なので、ダイエットは
目標点に到達したあとが「厄介」なんですよね!

よく「リバウンド」という言葉を耳にします。

痩せたことに安心して、
元通りのご飯に戻したら、
結果体重が増えてしまったというやつですね。

ダイエットした直後というのは、
不安定な状態となっています。

ですから、ごはんを食べすぎると
すぐに体重にあらわれてしまいます。

リバウンド対策として、
俺が実践しているのは
「こまめに体重計に乗る」ことです。

コンスタントに体重計に乗ることによって、
自分の体重の増減を理解することができます。

たとえ体重が増えたといっても
こまめにのっていれば、大した増量ではないはず。

ですからリカバーしようと思えば、
容易に取り返すことができる体重の増え方なんですよね。

だいたい、
リバウンドの恐怖というのは
1ヶ月程度続くのが一般的です。

1ヶ月を過ぎて、理想の体重をキープすることができれば、
おそらく元通りのご飯に戻しても
問題はないでしょう。

というのも、
自分の体が初期化を果たすからです。

そして情報の再入力を行い、
今の理想的な体重の状態を
「通常」という風に認識をするからです。

このようにダイエットというのは
ただ単に体重を減らすことだけが目的ではありません。

減らした体重の状態を、
いかに長いことキープし続けるかが、
ダイエットのカギになってくるのです。

――――――以上を持ちまして今日の報告は終了です。
レーシックを受けたメジャーで大活躍中の松坂選手

レーシックを受けたメジャーで大活躍中の松坂選手

★メニュー

妊娠中や授乳時期のレーシック
レーシックの種類によって適正が異なる
レーシックを受けたメジャーで大活躍中の松坂選手
クリニックの環境でレーシックの失敗例
角膜の厚みによってはレーシックを受けられない
エキシマレーザーを使用するレーシック
目の病気や疾患を持っている人
治療費用でクリニックを比較しよう
ドライアイでもレーシックを受けられる
最も適した治療方法をまずは探す


ページ先頭 ページの先頭へ
トップに戻る トップに戻る
友達に教える 友達に教える
(C)安全な優良レーシックを探している人へ