ドライアイでもレーシックを受けられる

ドライアイでもレーシックを受けられる



ドライアイでもレーシックを受けられるブログ:18/11/19


アンチエイジングには、睡眠の質が重要だと言われていますが、
減量にも同じことが言えるんですよね。

健康的に減量をしたいという方は、
間食やカロリーの高い食事を摂らないようにするだけでなく、
夜更かしもしないようにすることが大切です。

特に注意したいのは、
肌のゴールデンタイムと言われている、
22時から深夜2時までの時間には、
ぐっすり眠っていることです。

この時間は、
体のダメージも回復するので、睡眠がきちんとできれば、
体も免疫力が高く、カロリーも円滑に消費される体になっていきます。

起きていて動いている方が、カロリーを消費しやすいのは事実ですが、
睡眠の時間は「痩せやすい体」を作る時間です。

22時から深夜2時までの時間に眠っていることは、
成長ホルモンが活発に分泌されてるので、
免疫力をアップさせる効果もあるのです。

免疫力がアップするということは、
それだけ基礎代謝も上がりますから、
痩せやすい体になっているということです。

さらに、13時に摂ったカロリーよりも、
よるのカロリーのほうが蓄積しやすいので、
減量をしている人は、
よるのカロリー摂取は敵だと思った方が良いでしょう。

仕事で夕方食が摂れなかった時など、
ウエストがすき過ぎて眠れない場合は、豆乳ココアをお勧めします。

ココアは、血糖値が緩やかに安定するので、ウエストも満足しますし、
豆乳には美肌効果がありますから、良いことづくめなのです。

豆乳やココアが苦手な人は、
フルーツを生で少量を食べるのであれば、
消化に酵素を使わないので、睡眠に入る体に負担をかけませんよ!

ドライアイでもレーシックを受けられる

ドライアイでもレーシックを受けられる

★メニュー

妊娠中や授乳時期のレーシック
レーシックの種類によって適正が異なる
レーシックを受けたメジャーで大活躍中の松坂選手
クリニックの環境でレーシックの失敗例
角膜の厚みによってはレーシックを受けられない
エキシマレーザーを使用するレーシック
目の病気や疾患を持っている人
治療費用でクリニックを比較しよう
ドライアイでもレーシックを受けられる
最も適した治療方法をまずは探す


ページ先頭 ページの先頭へ
トップに戻る トップに戻る
友達に教える 友達に教える
(C)安全な優良レーシックを探している人へ